最高の状態で贈るために|お祝いごとには名入れボールペンを選ぼう【特別感溢れるペン】

お祝いごとには名入れボールペンを選ぼう【特別感溢れるペン】

最高の状態で贈るために

花

値段と鮮度

お祝いのギフトから法事用の花束まで、生活の様々なシーンで利用されているのが生花です。花言葉があるように贈り主からのメッセージを込めることもでき、心のこもったギフトとして最適といえるでしょう。種類ごと大幅に値段の異なる生花ですが、一般客から安いと支持されているのが卸売の販売です。これまでは業者間を中心に取引されてきた卸売業界は、安い販売価格を武器に一般向けの商品展開が活発となっています。どのような業種でも同じ流れですが、卸売と消費者の間に中間業者が入ることで値段が加算されていくシステムです。つまり、卸売と消費者が直接取引することで中間の手数料が排除され、これまでのシステムと比較して値段が大幅に下がります。さらに直接取引なので生花の鮮度が保たれ、安いうえにギフトとして最高の状態と好評です。

保管方法がポイント

鮮度が非常に高くギフトに大変喜ばれる卸売の生花ですが、植物として生きていることを意識する必要があります。ポイントは生花が到着してから直ちに水を与えることで、宅配便は移動中の鮮度低下も考慮するべきです。可能であれば午前中や早いうちの配達で設定し、不在で数日後の受け取りは禁物といえます。手づくりの花束を作成する際も同様で、完成後も水を与えられるような保管場所を用意しておくと良いでしょう。生花の取り扱いで失敗しやすい例として温度管理があげられ、基本は涼しい場所で保管することです。また、風にあたると枯れやしおれが発生するため、夏や冬のエアコンシーズンは取り扱いの配慮が特に重要となります。せっかく安い生花を入手したのですから、ムダが発生しないように作業を行いましょう。