お祝いをもらったら|お祝いごとには名入れボールペンを選ぼう【特別感溢れるペン】

お祝いごとには名入れボールペンを選ぼう【特別感溢れるペン】

お祝いをもらったら

内祝い

内祝いを返そう

新しい命の誕生はとても感動的で喜ばしいものです。多くの人から祝福されて迎えられる赤ちゃんは、沢山の幸せを運んできてくれますね。赤ちゃんの誕生に合わせて出産祝いを贈られることも多いでしょう。それに対して返すのが、出産内祝いです。出産内祝いは頂いたお祝いに対してお礼の気持ちを示すものです。感謝の気持ちを伝えるだけでなく、幸せのおすそ分けや新しい家族を迎えて今後もよろしくお願いします、といった挨拶の意味もありますのでお祝いを頂いたら忘れずに贈りましょう。最近では様々な種類の出産内祝いがあり、選ぶ楽しみも増えました。写真入りのメッセージカードや名入れサービスなども充実しており、オリジナリティが出せるものが人気のようです。

特徴と基本マナー

出産内祝いにはどのような特徴があるのでしょうか。一般的には頂いた金額の半返しがマナーと言われていますが、高額な場合はその限りではありません。身内や仲間内でお返しを贈り合わない、予算を決めているなどのルールがある場合は事前に確認しておきましょう。出産内祝いの熨斗は子供の命名披露を込めて、赤ちゃんの名前を書きます。水引きは蝶結びが基本です。贈る時期に関しては、お宮参り(生後1ヶ月)前後が望ましいとされています。産後は何かと忙しく買い物に出るのも大変ですが、最近ではネット通販などもありますので大幅に遅れないように予め準備しておくと良いですね。赤ちゃんに会いに来た時に直接頂くこともありますので、その場合はなるべく早めにお返ししましょう。基本的なマナーやポイントを押さえておけば、困る事はないでしょう。赤ちゃんの出生体重のお米や、名前をラベリングしたお菓子などはとても人気がありますし、写真や手紙を添えればより喜ばれるのではないでしょうか。